ホルモン異常によるガン


乳ガンをはじめ、卵巣、前立腺
などのガンは、私見ですが、すべてホルモン異常によるものとかんがえています。
ごく初期のちいさいものならなんとか爆発前に鎮めることも可能ですが、大きくなってしまうとコントロールはむずかしくなります。大きくなればなるほどそうなります。まるで別の生き物がそこにいて暴れているかのように感じられることも多いです。

こうしたホルモン異常はひとによっておきたり起きなかったりしますが、その原因はおそらくふだん食べているものによるのだろうと思います。
肉、牛乳、卵といったものは、それ自体が促成飼育され、肥育され、どうかすると遺伝子操作によって、より肉づきがよく、より多くの乳を出し、よりたくさん産み落とすように変形させられた異様な動物たちです。いわば、わざわざホルモン異常をひきおこして「生産」した食べものです。
こうしたものを好んで食べ続けることによって、ホルモン異常の因子は食べたひとのなかにどんどん堆積していくのでしょう。

先日、まだ市場には出ていないけれどこれからあらたな品種の魚の養殖をめざしているという研究者のドキュメントをテレビでみましたが、遺伝子操作によって倍くらいに太った魚が映し出されてました。ホルモン異常がつねにおきるように操作された動物の肉の一種とかんがえます。
研究者はとくい気でしたが、わたしは、人間の魔の手はついに魚にまでおよびはじめたかと、おもわずしかめっつらをしたものでした。

こうしたたべものはどんどんつくりだされて際限がありません。
お気をつけてといってもせんないことですが、それでもやはり、くれぐれもお気をつけて・・



関連記事

成長ホルモンの問題 IGF-1

HOME