抗ガン剤の併用について


当院では抗ガン剤併用の方は1〜2割くらい
抗ガン剤をやっている場合とそうでない通常の場合とでは、ちがったやり方で施術しておりますので、抗ガン剤を使っている場合は言ってください。でないと、配慮せずにふつうに施術してしまい、抗ガン剤をむだにしてしまいます。
  → 新しい施術法と抗ガン剤との併用

抗ガン剤が大いに有効な場合もあります
それほど多くはありませんが、抗ガン剤を投入しはじめるとき従来法による施術もスタートして、併行してやっていくと、思いきり効く場合があります。施術だけでやったのではなかなかすぐには消せないようなガン塊をジュワッと消してくれるのでたすかります。
抗ガン剤がその人のガンの種類にピタリとあっていることが必要条件ですが、その場合めざましい急速な治癒に至ります。
そうなったときには、その勢いにしたがって短期間のうちにガンを消去してしまうことが肝要なので、たたみかけるように施術を受けるのがいい手です。のんびりやっていると、薬はすぐに効かなくなり、ガンは再び増大しますから。

分子標的薬
肺ガンの分子標的薬はとくによく効くようです。
  → 分子標的薬の併用

抗ガン剤連用の果てに施術を受けはじめた場合には
当院施術は身体を常に健常な方向へもっていこうとしますから、抗ガン剤=毒を流し去ろうとします。それまでガンを抑えていたその毒を流していけば、当然ガンは羽をのばします。
こうした併行治療はたいへんやっかいで、せっかく体調よくなってきたかなと思ってると、定期的に抗ガン剤を入れられ、そのたびに食欲がなくなったり、目の下にクマをつくって来られるので、またそれからたてなおしていくというくり返しになります。
だいたい免疫が弱ったからガンになっているのに、抗ガン剤はさらに免疫力を低下させますから、いよいよ身体自体の力でガンを治すことはできなくなります。

何年も抗ガン剤を連用し、ほとんど抗ガン剤漬けになってしまっている方は
手ごたえ(というより生体反応)が非常に希薄であり、抗ガン剤も効いているという感覚がほとんどつたわってこず、また免疫自体も脆弱で、ただ抗ガン剤とガンとのたたかいを傍観しているだけの、人形の身体のように感じます。

ホルモン剤の併用
乳ガンによく用いられるホルモン剤も、それ自体施術の障害にはならないように感じます。生理を強引に止めたりするわけで、あまり身体にいいようには思えませんけど・・
注意すべきは、当院施術が患者さんの身体を健常な状態にもどそうとはたらくので、予定に反して生理がいつまでも継続してしまうといったことが起きる場合があることです。
お医者さんとしては、すでに生理は最初の薬でとまったものと思い、その後は生理終了者用のホルモン剤を処方するわけですが、患者さんは深く考えずにただあたえられる薬を飲むだけですから、お医者さんのほうがそれに気づいた時点で、あわてて終了前の人用のに切り換えるといった、ややこしいことになります。
こうしたことが実際にありましたので、いちおう頭においといてください。
その方、再発防止施術を受けていたのですが、リンパに転移再発してしまいました。
  → 再発防止の失敗例

また、前立腺ガンの方でホルモン剤で抑えていたマーカーが、施術を併行して受けたところあがってしまった方も出ており、これは上記乳ガンの方の場合とおなじように身体を自然な姿にもどそうとする術力がはたらくため、封じこめていた男性ホルモンが再び開放されるようになったのではないかと思われます。
お医者の見解では長期連用したため効かなくなったとのことですが、施術によってその時期がはやめられたかもしれません。

いずれにせよ、ホルモン剤との併行施術が必ずしもいい結果ばかり得られているわけではありません。
ホルモン分泌器官を避けて施術していくことでまあうまくいくわけではありますが・・



参考ブログ
医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ

がん医療のタブー…効かない抗がん剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ

抗がん剤は延命治療!?





≪ その他の注意事項 ≫

施術を受けられないケース

温熱療法は危険

ショウガ湯は飲まないで
香辛料は×


放射線について

陽子線・重粒子線

他治療の併用について

気功はやらないで

鍼との併行治療について

当院の苦手なガンの種類

当院治療の難点

ご注意・骨転移の方

ガン治しの基本

ガンの治癒反応について

腫瘍マーカーについて

ガン施療 Q&A

HOME