大腸ガン

以前は、大腸ガンは溶かしていくと、痛みとともにたくさん出血する代表格みたいなガンでした。
なので、大きいのをお持ちの方はおことわりしたことも多かったです。
しかし、現在の施術法 になってからはほぼ出血の心配がなくなったため、安心してできるようになりました。

実例 1  * * *

当院で施術を受けていた大腸ガンの方、またおひとりよくなりました。
肝臓と肺に転移していましたが、原発巣だけは最終的に手術で切除してもらうことによって、ガン塊がほぼなくなりました。

詳細は → 症例ブログ



世の中の大腸ガンのひとの数そのものが多いからもあるのでしょうが、そうした施術の実情の変化にともなって、当院では最近大腸ガンの人が急速に増えています。いまではガンのなかでいちばん多くなってしまいました。
患者さんのほうでも、ある程度縮小してくると、これはイケるという感じになるからでしょうか、病院で知り合った同じ大腸ガンのひとを誘ってくる方もいるようです。

大腸ガンの場合、ガンが大きくなって今にも内腔がつまってしまいそうなくらいになってから、あわてて施術を受けはじめるひとが多いので、施術がはじまるとわずかに残っていた穴が開いて、グーッ、ボコボコボコッというような苦しげな音がして、食物が流れ出すのがわかることがよくあります。
ほんとはそうなる前に受けはじめてくれるといいのですが、人というのはせっぱ詰まってお尻に火がつかないと、なかなか決心がつかないもののようです。

そういう、食物の通過する音というのは、一度で終わりというわけではなくて、施術するたびにしばらく出る人は出ます。1回の施術でそうかんたんに穴が大きく開いたままになったりはしないからです。くり返しやっていくうちに、最初は窮屈そうな音だったのが、次第にゆるい音に変わっていき、やがて音がしなくなるというわけです。

下記の実例の方は、すっかり内腔がふさがってしまい、人工肛門をつけてから受診しはじめたひとです。
ご本人は早くガンをなくして人工肛門を外してもらいたいと思っているわけですが、なかなかそこに至るまでは遠い道のりとなることが多いです。



実例 2  * * *

ガン塊が腸をふさいでしまったためやむなく人口肛門をつけている方ですが、2回めの施術のあと、人工でないほうのホンモノの肛門からガン塊の一部らしい小さな肉片とそのあと便も少量ですがつづけて出たとのこと。
ガンにちいさな穴があいて便が通ったようです。

《 追記 》
しかし、その後は大きなおならがいちど出ただけで、完全開通にはいたっていませんが、この方、その後きっちり週一回で6ヶ月半くらい受けたところで検査を受け、

CA 19-9が、10433 から 115 へ
CEA が、967 から 10.9 へ


いずれも1/100ちかくに減ってしまったとのご報告を受けました。
施術を受けはじめたのが先の検査の2ヶ月後でしたから、その間もうちょっと上がった状態だったかもしれません。
肝臓に転移したものも、お医者によれば無数にあったわけなのですが、大きめのが三つだけになったそうです。

このくらいのスパンでたっぷり受診できれば、しばしばこのくらいのことにはなります。
とはいえ、まだ基準値には達していませんので、ガンはやはり生きて活動しており、ぶり返しをねらっていると考えなければなりません。

とここまで読めば、うまくいったほうなんじゃないかと思われるかもしれませんが、ちょっと失敗してました。
私の失敗ではないのですが、それまでずっとガンの位置を間違えていたことがわかりました。
最初、患者さんご自身から、直腸と S 状結腸のさかいめあたりと言われたので、そのつもりでやっていたのですが、新たに書いてもらったお医者のスケッチによれば、下行結腸と S 状結腸のさかいめでした。CT 画像でもそうなってます。これではちょっと離れていて、手がとどかなかったかもしれません。手ごたえの弱いかたで感じにくかったという面もあります。完全開通しないのもあたりまえの手ちがいではありました。
しかしまあ失敗したわりにはお腹全体に効いていたようで、それがマーカー数値急減という結果につながったのでしょう。
気をとりなおして継続加療中。

60代の女性です。
他には治療は受けてません。いっとき抗ガン剤をはじめられましたが、だるいやら気持ち悪いやらでとても不調になってしまうので、すぐにやめてしまいました。
施術中は、いつも気持ちよく寝ていらっしゃいます。ほとんどのかたがそうですが、施術自体はまったく痛くないそうです。
施術法の進歩を自画自賛しているところです。

《 さらに追記 》
上記検査からさらに半年後、

CA 19-9 が、67
CEA は、 10.2


と、あまり低下していませんが、ひさしぶりに撮ったCTでは、肝臓に残っていた3つの転移ガンは、一部は完全に消え、残りも非常に薄くなってほとんど消えたようであり、大腸の原発巣は半分くらいになったとのこと(お医者さんによれば)です。
半分といわれても何センチというような具体的な数字はもらってないので、ここに書くことはできませんが、7、8センチもあったものが4センチくらいになったのかなという認識です。

《 続・追記 》
残念ながら、その後マーカーは完全な反転悪化を示すようになり、

CEA が、 147
CA 19-9 が、 314
CA 125 が、 168


となりました。
CT画像を見ても肝臓の転移ガンはほとんど消えており、原発も手ごたえは弱く小さくなってましたので、マーカー反転の理由はわかりませんでした。
それからしばらくして、急激に腹水が出て足がむくんでしまい、歩けなくなったとのことで、緊急に入院なさいました。ご本人からのメールによれば、腎臓がつまってしまっているといった説明を受けたそうです。
あるいは、腹膜あたりに転移したのではないかと推測したりしてますが、それ以来いらっしゃってませんので、詳細はわかりません。
せっかく追いこんだところで、いささか残念な結果になっておりますが、施術再開できるときを待ちたいと思います。



実例 3  * * *

さてもうひとつ。
乳房の腫瘍で当院で受診、その後手術された方からのメール、

「わたしの胸のしこりは良性の繊維腺腫とのことでした。
あの時に卵巣の痛みをお伝えし、見ていただいたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。
先生の感触で子宮も卵巣もなにも問題なさそうとのことでした。
術後の検査結果が良性であるのに痛みは続き、昨日婦人科へ行きましたがやはり腫れもなく異常なしとのことでした。
2年近く前にも時々痛むことがあり婦人科へ検診に行きましたがその際も異常なしでした。
今回子宮がん検査し結果は1、2週間後ですが医師には腸の検査を強くすすめられました。
これは大腸がんの可能性があるということになりますよね。
1日中明らかに痛むようになりました。
下血はありません。
本日、予約制の大腸内視鏡検査の病院へ検査前診断の申込みをしました。
病院からの応答待ちです。
悪性結果が出た場合、手術ではなく先生の施術でなおしていただきたい一心でおります。」

このメールをくれた方、ひさしぶりに診てみましたが、やはり大腸ガンのようでした。いや、ようではなくて大腸ガンでした。
1回施術後、大腿骨全体、とくに腰のつけねとヒザが急に痛みだしたので、はっきりそれとわかりました。
わたしの施術には潜在していた 骨転移ガン をあぶりだす作用もあるからです。

検査前のかけこみということで、キャンセル待ちを利用して、毎週2回、3回とつめて受診。
ガンにたいする恐怖心もあったためとおもわれますが、わたしとしても患者さんのからだが若く(40才くらい)、また初期のものとおもわれるのにすでに骨転移しているなど、ガンのスピードがはやいだろうことはわかっていたので、どんどんやれてよかったとおもいます。
当初わたしはめだった手ごたえから横行結腸ガンであろうとおもいましたが、その後手ごたえにしたがって下行結腸、S状結腸、直腸と、左腹部を逆Cの字型に旋回するようにたぐっていくと、最後に直腸にいちばんつよい反応を示すところがあり、そこが原発だったことを知りました。

たたみかけるように施術をくり返していくうち、痛みは急速に消えていきましたが、やがて施術開始後2ヶ月ほどして、うれしいメールをいただくことになりました。

「先生!!!やりました!!!
大腸内視鏡検査の結果、異常なしでしたーーーー!!!バンザイ??!!!
小さめのポリープが2個ほどあるみたいでたいしたもんじゃないとのことです!場所聞いてきましたー!
カメラには出てこないとこまで抑えましたね(≧∇≦*)やったー!!!残りの大腸や骨やリンパは、検査してももう出てこないんでしょうね。先生ありがとうございます?!!!しばらくまだ今まで通り行きますね。完全に撃退します!」

その後半年ほどして、以下のメールもとどきました。

「先生?!
昨日でいったん卒業…ありがとうございました!
半年ほど前に通い始めたときは本当に不安で不安で。。痛みも強いし施術後すぐに骨も痛み出して。手ごたえもあちこちにあってどうなることかと思いました。
でも、キャンセルをたくさん案内してくれたりしてたくさん通うことができてついに検査ではなにもなく!!そのあとは骨がしつこかったけれどとたんに痛みが消えて今では半年前とはまったく違う体調で、先生のおかげで完治まで到達できました( ; ; )
また、なにか不調が出た際にはご連絡させてください。これからは食生活や適度な運動を心がけて先生のお世話になることにならないように…笑 努力します★
なんだか卒業は嬉しいですがこれだけ通い詰めると寂しいような…笑」

軽快にして楽しげなメールなので、そのまま掲載させていただきました。

やはりガンにたいするには、この方のようなすばやい対応こそが大事です。



転移のある場合

大腸ガンの転移で多いのは、なんといっても肝臓転移です。
まあ、がんの質にもよるのでしょうが、肝臓に転移した部分は急速に発達するような気がします。転移巣のほうが原発巣よりも大きいというような方も多いですから。

40代50代の若い方で、すでに転移のあるひとは、ちょっと多めに受けるようにしてください。
体が若いとガン自体も活気があって、増悪しようとする勢いが強いわけですから、心配です。


HOME