腹膜播種

腹膜播種は日常的にやってはおりますが、手ごたえというものがまったく感じられないケースが多く、どこにいるのかわからないため、やむなくお腹全体をローラー作戦でつぶすようにやることになります。ただ良性ではないので施術には反応している印象ではあります。
苦手といえば苦手、効率悪いといえば悪いですが、うまく手ごたえを感じられハマりがよい場合は、通常のガンよりなおしやすいようです。

患者さんがお医者に
「お腹のどこにあるんですか」
と聞いてもきちんとおしえてくれない場合が多いのも、苦手の一因です。
もっとも、お腹全体に飛び散っていて特定もむずかしいのでしょうが・・

この、位置も定かにつかめない腹膜播種から腹水が出ていることも多く、やっかいなシロモノとは思います。
しかし、根気よくたんねんにローラー作戦をくりかえすうちに、ふとかすかな手ごたえにヒットすることもしばしばあって、最近はそう苦手ではなくなってきた印象です。
それにともなって、それなりによい結果を得られるようにもなってきたと感じています。

もうすこしヒットの確度を高めたいところです。


目次

HOME