腹水、むくみをおさえる


腹水にご注意
腹水が出ている状況で、重曹やMMSなどは飲まないでください。たいへん危険です。
炎症はよけいひどくなり、すでにやぶけていた脆弱な膜はよりおおきくやぶけ、多量の水がどっと出て、ふせぎようもなくなってしまいます。
とくに肝臓ガンや肝硬変などは水が出やすく、あるていど大きくなり重症といえるほどになってしまったら、もう水は出ているとかんがえなければなりません。

腹水が出てお腹が張ってきたからといって、病院へいっても効果的な対策はありません。利尿剤を処方するくらいです。
利尿剤では、多少効いても、すぐに焼け石に水だなと感じるようになります。ステロイドや漢方、抗ガン剤などもいくらか効いてるうちはまだましですが、結局のところ「腹水ろ過濃縮再生静注法(CART)」というやつで水ぬきしてもらうしか手がなくなります。

しかし、頭でかんがえるとかんたんでいい方法のような気がするのですが、ぬいてもすぐまた水はたまります。何日か入院してやってもらうわけですが、どっと疲労感が出て、力萎えるそうです。
腹水はぬけばぬくほど衰弱」します。

CARTに追いこまれる前に当院へいらしてください。二、三度ぬいたくらいでもまだだいじょうぶ。ガンにたいしてピタリと適切に施術できれば、止まるケースも多いです。
腹膜播種の方は、ガン(播種)のある位置をできるだけお医者さんに聞いてきてください。たくさんある場合でも、おおきいのがどこにあるかくらいはわかるでしょうから、それを聞いてください。
あまりあとがない状況です。いのちがかかっているわけですから、しっかり聞いてきてください。

むくみ
両足が象さんの足のようにむくんでしまっていても、病院ではやはり利尿剤の処方となるので、結局は当院へきていただかねばなりません。
かならずしもすべてのひとのむくみが解消できるわけではありませんが、利尿剤よりは効くのではないかと思います。


腹水、むくみいずれにせよ、1回や2回の施術でかんたんになおるようなものではありませんので、できるだけはやくいらしてください。



HOME