前立腺ガンの方へ

前立腺ガンでホルモン治療を受けていらっしゃる方にご注意があります。

ホルモン剤による男性ホルモンの抑制が、前立腺ガンにはたいへんよく効きます。
ですので、多くの前立腺ガンの患者さんがその治療を受けていらっしゃいます。
しかし、当院ではそういう方には、直接前立腺に施術いたしません。
なぜかというと、私の術力はどういう場合でも、患者さんの身体を自然で健常な状態にもどそうとしてしまうものだからです。
つまり、せっかく薬剤で不自然におさえていた男性ホルモンが、ふたたび自然のままに開放される、つまりどっと出てくることになってしまうからです。

何百も出ていたPSA値がホルモン剤治療で10分の1、100分の1になることが往々にしてありますが、それが施術を受けはじめると、また上がりだすということになりがちです。
それと同じことが乳ガンの場合でも起きて、失敗したことがあります。

    → 乳ガン、ホルモン剤の項

乳ガンも前立腺ガンも、ホルモン系の異常によって発生したと思われるガンです。
ですから、ホルモン治療を受けている乳ガンの方と同じように、前立腺ガンの場合も慎重に対処しなければならないと思っております。

結局のところ、患部に直接施術できないというもどかしい状況のもと、現在は骨転移している、二、三の方の転移部のみ施術をおこなっているばかりです。
つまり当院施術においては、ホルモン剤と併用しても前立腺ガンをいきなり劇的に改善するのは困難ということです。

    → ホルモン異常によって発生したガン


目次

HOME