現在の施術法

当院において長い間ずっと追いもとめてきたガンの治療法というのは、患者さんの身体に免疫を強く賦活して、その免疫によってガンを撃退させるといった考えにもとづくものでした。ガンは患者さんの身体がつくったものだから、患者さんの身体が始末するのが当然であり自然だという思いがあったからです。
しかし、そうしたまわりくどいオーソドックスな方法ではなかなか所期の目的を達することができないため、模索をくり返した結果、そうした方法とはまったくちがって、直接ガン塊だけに焦点をあてて急速にダメージをあたえて壊死、分解させるという方法に行きつきました。これはいわばアポトーシス(細胞自然死)をスルーして生き続けるガン細胞に、強制的にネクローシス(細胞壊死)をあたえるというものです。

参考Web 1
自己の不要な細胞との戦い ―壊死した細胞が引き起こす全身での炎症応答とエネルギー消費の異常―
     by 東京大学大学院薬学系研究科


これによって、比較的むずかしかった、すい臓ガンなど進行のはやいガンと対峙しても、よい結果が得られるようになったかと思います。

  → 肝臓ガン、膵臓ガン、胆(管)ガンを治す


壊死したガン塊は、自家製無料のワクチンに

壊死したあとのガン塊はどうなるんですかとご心配かもしれませんが、むだなご心配です。これはガン再発予防にはたいへん有用なワクチンとして作用すると考えています。

要約してかんたんにいうと、壊死したガンは身体にとっては邪魔者なので、マクロファージはこれを食べてとりのぞこうとします。その結果、それまで敵と認識できなかったガンを、「あ、これ、食べるべきものだったんだ」と認識するようになります。それからは生きたガンをも食べるようになるというわけです。
つまり、もうちょっとくわしくいうと、食べるべきものだったという認識を得たマクロファージは、その認識のもとになった「がん抗原」を他のマクロファージたちに掲示してみせることによって、身体全体で団結してガン免疫を作動させることができるようになるということです。

参考Web 2
がんの死細胞を食べ、がん免疫を活性化する新マクロファージを発見
     by 独立行政法人 理化学研究所


エドガー・アラン・ポオの小説「黒死病」には、主人公がひとびとに、ペストで死んで山積みになっていた遺骸を抱擁させキスさせることによって、ペストを克服するといったくだりがありますが、これが原初的なワクチンの接種法。
ガンを壊死させればそのワクチンが自分のからだのなかにできてしまうわけですから、たいへんつよいです。
健康なひとのからだのなかでは意識するまでもなく日常的におきている動作ではありますが・・


抗ガン剤や手術などの場合は

ガンは異なものだから、切除、変性、焼灼してしまえばそれでいいといった発想で編み出された治療法では、上記のような自家製ワクチンはほとんど手に入らないように思われます。したがって、しばしば再発します。
これはいたし方ないこと。ですので、そういった治療をお受けになった場合は、ガン塊消去後 再発防止施術 をうけてください。
ただし 放射線治療 をえらんだ方は受けられませんけど・・

もちろん、全身的施術による免疫賦活もわすれたわけではありません。ガンの退行にあわせて上記再発防止の施術を受けていくことによって、じゅうぶんその効果も得られます。


ガンの治癒反応について

HOME