腫瘍マーカーについて


当院では、1回1回の施術ごとにマーカーの変化を気にするような神経質なあつかいはしておりません。
最新の施術法では、それほどパワーをかけることがないため、マーカーがあがっている実感はありませんが、従来の施術法ではガンをどんどん融かしていくような局面では、ガンは逃げたり暴れまくったりしてあがっていたように思います。
ガンは、小さくしようとしてパワーをかけると、暴れて活発化し、よけいマーカーを吐き出すようです。むろん、ガンの悪質度が低ければ、さがる場合もありますが。
その点、最新の施術法はたいへんクールで静かな攻めができ、ガンなおしにはうってつけ。

実例数値について
以前は、どのくらい施術したらどのくらいマーカーがさがったといった実例数値をここに書いてましたけど、ひとによってまったくちがう結果になるため、参考にならないので消しました。
ただ、大腸ガンのかたでほとんど抗ガン剤の併用もせず、週一回きちんと当院施術をうけ続けることによって明快な改善をしめしたケースがありましたので、その件については、当院施術の実力の最近の平均値にちかいのではないかと考え、大腸ガンのページに記してあります。

しかし、継続施術中はだいたいおおざっぱに、あがったかさがったかといったトレンドさえわかればいいのです。
だいじなのはフィニッシュの際のマーカー値だけでしょう。
たとえば5.0以下が基準値とすれば、5.0をちょっと下回ったくらいではまだまだ安心できるものではなく、健常な方に多い2.0以下にならなければOKとはいえないと考えています。

もし、施術してもマーカーにあまり変化がなければ、マトはずれな施術をしている可能性もあります。
私の手落ちもあるでしょうが、私はCTスキャンの機械でもレントゲンのカメラでもないので、はなれた箇所のガンはつかめないことがあります。患者さんもご自分のガンなのですから、罹ガンの箇所はなるべくたくさん(複数の場合)、正確に、しっかり聞いてきてください。
上記大腸ガンのかたもそういった間違いがあり、マーカーはさがったものの、原発本体の消去がおそくなってしまいました。



目次

HOME